買う家」ではなく「建てる家」

はじめての方へ

自分や大切な家族が日々暮らし、
人生の長い時をともに過ごす「わが家」。

広さ、間取り、収納。デザイン、材質、色合い‥。
1つ1つが皆様にとって納得でき、末永く心地良い自慢の家であるように。

片山住建ではお客様のご希望をよくお聞かせいただいて、
時が経つほどに良さを実感していただける家創りを行っています。

片山住建はこんな会社です

1創業50年超の工務店
昭和39年(1964年)創業。本社所在地・児島を含む岡山県南部にて、住宅・店舗・事務所の新築や増改築、ちょっとした修繕や住まいのご相談にも喜んで応じます。
2和風・和モダンの注文住宅が得意
やさしい木の香りが溢れる端正で心地良い空間。お客様独自のご希望に添う住宅・店舗をご一緒に計画します。現場経験豊かな大工や左官が丁寧に施工いたします。
3理想の家をご希望の予算で
間取り、広さ、デザイン、材質等。注文住宅ならではの自由度と、広告費をかけない工務店ならではの適正料金で、ご予算内での最善の家づくりをお手伝いします。
4省エネルギー住宅のZEH登録ビルダー
高断熱化と高効率設備により、快適な室内環境と省エネを同時に実現する住まい。正味の年間消費エネルギー量が概ねゼロ以下になる住宅建築を行っています。
詳しくはこちら
(株)グランツ設計
5建築文化賞受賞
デザイン性を重視し、建築家・建築デザイナー設計の建物も多く施工しておりますので、設計を依頼することも可能です。倉敷市建築文化賞の受賞歴もあります。
6アフターフォローも安心
地元の工務店ですので、お電話1本で急なお困りごとにも技術者が迅速に対応いたします。お客様と永く良好なお付き合いをさせていただいております。

片山住建の家づくり

木造、鉄骨造など、一戸建住宅の建て方には色々な構法があります。
その違いによって間取りや見映え・印象なども変わってきます。
片山住建で用いる主な構法3つをご紹介します。

1.本格軸組構法
柱と梁を組み合わせて建てる日本の伝統的な建築構法です。昔の書院造り、数寄屋造りなども含まれますが、現在は基礎断熱、防蟻対策、耐震ボード(ダイライト)などを取り入れたり、太陽の光や熱、自然の風を取り入れたパッシヴデザインの家づくりなど、機能性・快適性・デザイン性・省エネ性能等も大きく進化しています。
2.Jパネル構法
国産材を乾燥させ、木の繊維方向がクロスするよう3層に貼り合わせたパネルを使用した構法です。特長は木材ならではの保温性・調湿性・美しさに優れ、ムク材のような乾燥による狂いが少ないこと。また耐震性能・防火性が高く、ホルムアルデヒドを低く抑える工夫がなされており、従来の木材の長所を生かし短所を克服した家づくりが可能です。
3.古民家再生
古民家の持ち味を残しつつ、断熱性、耐震性など現代建築の機能性・利便性を取り入れて改築を行います。多くの古民家はそのままでは耐震性が不十分なため改築か建て直しを必要としますが、柱や梁など生かせる部材を再利用したり引き継げる特長を残すなど、その持ち味を生かしながらリノベーションを行います。

様々な取り組み

1おかやまの木の積極利用
良質な木の産地である岡山は、岡山の木で家を建てると補助金が交付される事業を県が行うこともあります。片山住建は岡山県産の木の使用と、森林環境の保全・地域温暖化防止に寄与する「おかやま緑のネットワーク」にも会員として参加しています。
おかやま緑のネットワーク
2美しいデザイン
デザイン性に優れた店舗や住宅を形にするため、自社で研鑽を積むほか、専門の設計事務所ともスムースに連携できる体制を整えております。打合せの際は、仕上がりの立体イメージがわかるよう「3Dパース」を使用し、様々な角度からご確認いただけます。
3資金計画のご支援
お客様にとって最適な資金計画の作成や、住宅ローンの検討、税制面の助言等のご支援もできるよう、常に最新の情報を収集しご案内しております。